保険診療で前歯を治す場合

前の方にある歯は少し口を開くだけでも見えてしまうため、虫歯などになってしまった際には、できるだけ綺麗に治したいものです。

保険診療で前歯を治す場合、金属で作った土台に、レジンなどの素材で作成した差し歯を入れることになります。レジン素材は、白い色をしていますが、透明感がないため、自然の歯と少し違って見える場合も多いでしょう。また、土台に使用されている金属は、口の中で唾液などによって溶かされ、歯茎などに浸透するといわれています。

差し歯にしたら歯茎がだんだんと黒くなってしまったという場合、これが原因であることが多いようです。また、歯茎への影響がなくても、少しずつ溶け出した金属が差し歯を変色させ、根元部分を黒く着色してしまいます。奥の方の歯であれば、多少変色があっても目立ちにくいものですが、前歯の場合はかなり、気になってしまう人もいるでしょう。自費診療で受けられる、オールセラミックを使用した治療であれば、こうした見た目上の問題が起きにくく、元の歯と同じような、自然な状態に仕上げることができます。オールセラミックは、白く適度な透明感があるため、本物の歯によく似て見える上、変色しにくいといった特徴を持っているのです。

丈夫で耐久性の高い素材ですから、金属による補強が必要なく、歯茎への着色や変色といった問題を防げます。また、被せ物部分にも着色汚れなどがつきにくく、長く使用しても劣化しにくいなど、白さを長く保つことができる素材なのです。オールセラミックを使用すると、健康保険が適用されなくなりますが、クリニックによっては相場よりも安い費用で、治療を受けることが可能です。健康保険適用内の治療は、その内容によって費用が定められていますが、自費診療の治療にかかる費用は、クリニックごとに異なるといわれています。

ある程度相場価格というものはありますが、オールセラミックの差し歯治療を受けた場合、一本あたりの費用はクリニックによって数万円、あるいは十数万円といわれており、その金額には大きな開きがあります。神戸には、低価格で評判となっている審美歯科もありますので、オールセラミックの差し歯治療を、相場よりも安く受けることが可能でしょう。また、あらかじめ費用をわかりやすく提示しているクリニックも多いため、ホームページなどを参照して、それぞれの価格を比較することが可能です。

歯の状態や、治療したい本数、希望する治療方法などによっても、費用には違いが生まれますが、ある程度の目安として、まずは一本あたりの価格を比較してみると良いでしょう。安いクリニックを見つけたら、一度カウンセリングを受けて、希望通りの治療を行った際、どの程度の費用がかかるのかを、あらかじめ聞いておくと安心です。良いクリニックであれば、しっかりと希望を聞き、最適な治療の提案と、具体的な治療方法、費用の目安などをきちんと説明してくれるでしょう。

この記事へのコメント