日常で口にする食事や飲み物の成分

日常で口にする食事や飲み物の成分は歯の表面に溜まり、ケアせずに放置しておくと、やがて黄ばんで見えるようになります。

この着色汚れはステインと呼ばれ、通常の歯磨きではケアすることができません。自宅でできるケア方法では、美白成分が含まれた歯磨き剤を使用することです。通常の歯磨き剤は、虫歯や歯周病予防が目的ですが、美白成分が含まれた歯磨き剤は、歯の色を明るくするために使用します。また、クリアな白さを持つ歯にしたい場合は、医療機関でのホワイトニング治療が効果的です。

「セルフケアと医療機関の治療の違いとは?」と言うと、使用する成分に違いがあります。セルフケアで使用する歯磨き剤には、粒子が着色汚れを除去する研磨剤、エナメル質を修復して歯の再石灰化を促すハイドロキシアパタイト、歯の表面の汚れを浮かせて取り除くポリリン酸ナトリウムなどが配合されています。これらの成分が働きかけるのは、歯の表面のエナメル質だけです。ですので、歯の表面に付着した着色汚れを取り除くことで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

しかしながら、歯の内側から変色している場合は美白成分が含まれた歯磨き剤では、効果を得ることができません。また、本来の歯の色よりも白くすることはできないので、輝くような白さを求めている人にも効果はありません。エナメル質だけではなく、象牙質の表面の着色汚れをきれいに取り除き、白い歯を手に入れたい場合は、医療機関でのホワイトニング治療がおすすめです。医療機関では、漂白効果のある成分が含まれた薬剤を用いて治療を行います。

薬剤は安全性が高いものの、人によっては痛みや違和感を訴える場合があります。ホワイトニング治療には、自分の歯型に合わせて作成したマウスピースと医療機関で購入した薬剤を使って自宅で行うタイプと、薬剤を塗布したうえでレーザーやLEDなどの熱を与える医療機関で受けるタイプがあります。自宅で行うタイプは、効果はゆっくりとあらわれますが、効果の持続性は高いと言われています。

しかしながら、1日数時間マウスピースを装着しなければいけなく、全て自分で行わなければいけないため、手間がかかります。一方、医療機関で受けるタイプは、短期間で効果があらわれますが、自宅で行うタイプと比べると費用がかかります。また、濃度の高い薬剤を使用するため、痛みやしみるなどの不快感を感じる人も少なくありません。特に知覚過敏の症状がある人は注意が必要です。さらに高いホワイトニング効果を求める人には、ラミネートベニアやオールセラミックも選択肢に挙げられます。

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り、セラミック素材の薄いシェルを貼り付けます。見た目が自然で、歯並びを整えることも可能です。オールセラミックは、仮歯を作成し、セラミック素材のかぶせ物で覆います。セラミック素材は天然の歯に近く、審美性が高い素材です。金属アレルギーが起きるリスクが少なく、安心して使用できます。

この記事へのコメント